よくあるご質問

査定はほんとうに無料ですか?

不動産の査定に関しては、無料で査定させていただいております。
但し不動産鑑定士が行うものとは異なり、立地や土地の形状、建物の状態、眺望の有無など現地調査を行い、取引事例・評価額などを参考に査定金額を算出しています。
ぜひお気軽に、査定依頼ください。

査定価格で売り出さないとだめですか?

必ずしも査定価格で売り出さなければならないというものではありません。
「ローンの残りがある」「共有者と分配する都合がある」「買い替えを検討している」「期間がかかっても良いので、できる限り高く売りたい」・・・等、ご事情がおありの際は、お気軽にご相談ください。

相談に行く際に用意するものは?

所有不動産の詳細が分かるものをお持ちいただけると、相談がスムーズに進みます。

  • 登記識別情報通知(権利証)や固定資産税の通知書等、所有不動産の面積や名義人を確認するために必要となります。
  • 土地の測量図面や建物の図面、建築確認通知書など
  • 分譲時のパンフレット
  • その他、管理費などがある場合は、金額がわかるもの
時間をかけずに売却したい

早期売却のためには、「査定価格」を参考に相場より低い金額を設定していただくことが重要です。
とにかくすぐに売却をご所望の際は、買取もしておりますのでご相談ください。
(物件によっては買い取れない場合もあります。)

どうやって買い手を探すの?

既に登録されている購入希望のお客様や来店のお客様への物件のご紹介とあわせて、弊社ホームページ、不動産ポータルサイト(Yahoo不動産やSUUMO等)や不動産流通機構(レインズ)などのインターネット媒体への掲載、店頭掲示、弊社月刊誌などの各種広告媒体を使って、広く購入希望者を探します。

インターネットへの掲載などに広告費の請求がありますか?

通常弊社で行っている広告活動については仲介手数料に含まれます。
但し、売主様のご希望による、特別な広告活動については別途広告費は必要となります。

居住中でも売却は可能ですか?

お住まいになられている場合でも、売却は可能です。見学に関しては事前予約制とします。
また、売買が決まった際に引き渡しがスムーズにいくよう、引っ越し先等の検討を早めにお願いしています。

見学はどのような形で行われますか?

弊社の担当者が、お客様と事前に日程を調整の上、伺います。
また、訪問の際には、弊社の担当者も一緒に伺いますので、ご安心ください。

仲介手数料はいくらですか?

宅地建物取引業法にのっとり、不動産の購入・売却時の仲介手数料(媒介手数料)は下記のように計算しています。

取引物件価格(税抜)が200万円以下

取引物件価格(税抜)×5%+消費税

取引物件価格(税抜)が200万円超~400万円以下

取引物件価格(税抜)×4%+2万円+消費税

取引物件価格(税抜)が400万円超

取引物件価格(税抜)×3%+6万円+消費税

仲介手数料はいつ支払うの?

仲介手数料は、売買契約が成立した時にいただいております。
そのため、売買契約が成立するまでは原則として、仲介手数料を請求することはありません。

売れなかった場合、費用はかかるのでしょうか?

仲介手数料は成功報酬ですので、売却できなかった場合はいただきません。
但し、売主様のご希望による、特別な広告活動費はお支払いいただきます。

売却時に必要な諸費用はどんなものがありますか?

 売却の際の諸費用の額は、売却する不動産により異なります。主な内容は以下のとおりです。

  • 印紙代(売買契約書に貼付する印紙で、金額は売買価格により変動します。)
  • 境界明示費用(隣地境界が不明の場合の測量費等)
  • 住所変更登記費用(登記住所と現住所が異なる場合)
  • 仲介手数料
  • 譲渡所得税・住民税(売却して利益が出る場合)
  • 引っ越しや荷物処分費
売却した年の固定資産税ってどうなるんですか?

基本的には日割り精算を行います。
固定資産税は、その年の1月1日現在の所有者に請求されますので、まずは売主様がその年の1年分を納めていただき、残金決済時に引渡し日を基準として日割り計算した金額を買主様からもらいます。

住宅ローンが残っていても、不動産の売却はできるのでしょうか?

住宅ローンの残りの金額にもよりますが可能です。
売却代金で住宅ローンの残りを一括返済できれば可能ですので、住宅ローンの残りの金額をお調べになりご相談ください。

リフォームしてから売却した方が高く売れますか?

よくリフォームをすれば高く売れると考えている売主様がおられます。
確かにリフォームを行うことで印象が良くなり、高額で売却できる場合もあります。
しかし、物件価格は建物の状態だけではありません。立地や眺望、温泉の有無・・・、様々な条件が価格に影響してきます。
また、お客様により好みやお考えは様々です。必ずしもリフォームした分が価格に反映されるとは限りません。
弊社では、リフォーム業者のあっせんも行っておりますが、まずはリフォームをしたほうが良いのか、ご相談ください。

共有名義になっています。特別な手続きが必要ですか?

売買契約の締結や登記手続に必要な書類の調印などは、原則として所有者本人が行う必要があるため、原則、売買契約時や残金決済時に全共有者の出席が必要となりますが、出席できる所有者に委任するなどの手続きをすることも可能です。

相続した物件で、建物内に不要な荷物がたくさんあるのですが?

基本的には、家具家電等を含め、荷物は空にしてお引き渡しとなりますが、売却条件として現況での引き渡しとすることもあります。
また、弊社で荷物処分業者のあっせん、手配をすることも可能です。

CONTACT

売却に関するお問い合わせ・ご相談はこちら
フリーダイヤル
サンクスは行く 0120-393019
営業時間9:30~19:00
定休日第2火曜・第4火曜・毎週水曜